プログラミングを通して得られること

自分で考える力

自分で目標(創りたいもの)を考え、目標を達成するためのプロセスを整理し、筋道を立てて考える力(論理的思考力)、解決する力(問題解決力)を伸ばしていきます。

創造力

プログラミングは短時間でイメージしたものを形にすることができます。次から次へと新しいものを生み出していく中で創造力を広げることができます。

将来の可能性

進歩が早く先が見えない現代社会において、どのような仕事にも役立つプログラミングを学ぶことで、子どもたちの「可能性」、「選択肢」を増やすことにつながります。

世界で広まるプログラミング教育

アメリカ

・オバマ大統領が必修化が必要と発言

・NYで中高20校で試験導入

イギリス

・5歳から16歳で義務化

・ITリテラシー教育が一変

その他世界各国でプログラミング教育が広がっています

国内でのプログラミング教育

日本国内ではまず2012年から新学習指導要領に基づき、中学校の技術家庭科で「プログラムによる計測・制御」が必修になり、2016年4月16日、安倍総理大臣は政府の産業競争力会議で、コンピューターのプログラミング教育を小中学校で必修科目にすると提言しました。

そして2017年3月に公開された2020年から実施される新学習指導要領で、プログラミング教育の必修化が定められました。

ただし、あくまでも「プログラミング的教育」であり、プログラミングが教科となるわけではないため、本当に実効性のある授業が行われるかは分かりません。

「日本の若者には、第4次産業革命の時代を生き抜き、主導していってほしい。初等中等教育からプログラミング教育を必修化します」 安倍総理は、車の自動走行やドローンによる配送など政府がすすめる「第4次産業革命」を担う人材を育成するため、2020年からプログラミング教育を小中学校で必修科目とする考えを示しました。また、海外からも人材を集めるため、永住権の取得も迅速化する方針です。

当教室の学習コース

当教室の講師は現役のITエンジニアです。講師は単なる知識の伝達を行うのではなく、生徒の自主性・創造力・発想力を尊重した教室運営を行っています。

学習コースとしてはScratch(世界で一番利用されている教育用ビジュアルプログラミング言語)を使ったプログラミング学習コースをご用意しています。

初めてのプログラミング
Scratch初級

Scratchの基本的な動作の習得から複雑な動きをマスターするところまで体系的に学ぶことができます。

プログラミングドリル
Scratch中級

「はじめてのプログラミング」で習得した機能を使って、さらに色々な作品を作ります。
習得した知識の定着や、機能の応用パターンを増やすことで、理解を深めます。

アルゴリズムトレーニング
Scratch上級

日常で使用したり目にする機器/システムなどを再現し、それが動作する仕組みを考えます。
本コースは「Scratchを使ってアルゴリズムを考える」コースとなります。

まずは無料体験会へ


当教室がどのような雰囲気なのか?、お子様に合っているのか?、プログラミングに興味があるのか?などまずは無料体験会へご参加いただきご確認ください。
プログラミング教室への疑問や不安についてもご相談いただけます。

Instagram

 

新着記事