Telloドローンをプログラミング(Scratch)で自動飛行させる方法

プログラミング(Scratch)でドローンを自動飛行させるワークショップを何度か開催しました。
毎回大盛況で参加していただくとみんなすごく楽しいと言ってくれます。

「家でもやってみたい」という声をいただくことが多かったので、今回はプログラミング(Scratch)でドローンを自動飛行させる方法について説明します。

使用するドローン

まずドローンがないと始まりません。
ここで説明する方法ではTelloのドローンを使用します。
他にもドローンでScratchと連携できるものもありますが、ここで説明する方法は使用できませんのでご注意ください。

おすすめは体験セット版です。
予備バッテリー、専用ケースも付属されています。

【国内正規品】Tello ドローン 体験セット(ホワイト)

部屋の中で飛ばすこともあるかと思うので安全ガードがあるのもありがたいです。
私は安全ガードなしでクリスマスツリーに突撃させてしまいました。
ツリーの葉っぱがみじん切りになって、周辺を青のりだらけ状態にしてしまいました。笑
あった方が安全です。

一点マイナスなのは付属のケースに安全ガードが入らないのでかなり嵩張ります。
だれか安全ガード付きでぴったり収納できるケースを作ってください。

※本体だけでも使用できます。

Scratchのインストール

Scratchでプログラミングしてドローンを自動飛行させますので、まずはScratch2.0をインストールします。
詳細なインストール手順については以下の記事を参照してください。

Node.jsのインストール

Scratchとドローンをつなぐためのソフトが必要となります。
Node.jsをダウンロードしてインストールします。

以下のURLに接続してください。
https://nodejs.org/ja/

推奨版のダウンロードボタンをクリックしてインストールフォルダをダウンロードします。

ダウンロードされたインストールファイルをダブルクリックして実行します。

Nextボタンをクリックします。

チェックボックスにチェックを入れて、Nextボタンをクリックします。

Nextボタンをクリックします。

Nextボタンをクリックします。

Installボタンをクリックします。

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と表示されたらはいボタンをクリックします。

インストールが完了するまで待ちます。

Finishボタンをクリックします。

これでNode.jsのインストールは完了です。

TelloとScratchの接続用プログラムを実行

以下のURLに接続するとプログラムをダウンロードできます。

https://dl-cdn.ryzerobotics.com/downloads/tello/20180222/Scratch.zip

ダウンロードしたZipファイルを解凍し、中にあるScratchフォルダを任意の場所にコピーしてください。

コマンドプロンプトを起動します。
パソコンに詳しくない方は難しいと思いますがあきらめないでください!

キーボードのWindowsキー(四角が四分割さているようなキーです)を押しながらRキーを押します。
名前欄に「cmd」と入力してOKボタンをクリックします。

Windows10であれば画面左下の「ここに入力して検索」欄に「cmd」と入力してEnterキーを押してもOKです。

以下の黒い画面が立ち上がれば大丈夫です。

「node」と入力し、その後にスペースを一つ入れます。
さきほどコピーしたScratchフォルダ内のTell.jsファイルを黒い画面にドラッグしてEnterキーを押します。

以下の画面になればOKです。
画面を閉じずそのままにしておいてください。

ScratchにTelloドローン用のブロックを追加

やっと最後です。
Telloドローン用のブロックを追加します。

Scratchを起動します。
Shiftキーを押しながら左上のファイル▼をクリックし、「実験的なHTTP拡張を読み込み」をクリックします。

先ほど保存したScratchフォルダ内の「Tello.s2e」を選択して開くボタンをクリックします。

その他カテゴリーに黒い専用ブロックが表示されていれば大丈夫です。

各ブロックの説明は以下の通りです。
いろいろと組み合わせて自動飛行プログラムを作ってみましょう!

ブロック操作内容数字
take off 離陸
land着陸
fly up with distance上昇上昇距離(cm)
fly down with distance下降下降距離(cm)
fly left with distance左へ進む進行距離(cm)
fly right with distance右へ進む進行距離(cm)
fly forward with distance前へ進む進行距離(cm)
fly back with distance後へ進む進行距離(cm)
rotate CW with angle 時計回りに回転角度
rotate CCW with angle 反時計回りに回転角度
flip with durationフリップ
set speed速度

ドローンへの命令の間には必ず「XX秒待つ」ブロックを入れてください。

ドローンが動いている間に次の命令が行くと、そちらを実行してしまいます。
離陸した途端に着陸するんだけどといった現象が起きてしまいます。
何秒待てばいいかは色々試して最適な時間を設定してください。

あれ?ワークショップではブロックが日本語じゃなかった?と思われるのではないでしょうか。

以下の本で日本語化のやり方やより詳しい内容が書かれています。
非常に参考になりますので参考にしてください。

Scratchでトイドローンをプログラミングして飛ばそう!

ドローンとPCを無線LANでつないで飛ばそう

ここまでくればドローンを飛ばすだけです。

ドローンのスイッチを入れます。
少ししてPC右下の無線LANマークをクリックします。
無線LANアクセスポイントのリストの中に「TellXXXX」のようなSIDが出てくるので接続してください。

初回は少し時間がかかりますがパスワードの要求もなく接続できると思います。

接続出来たらScratchの画面に戻ってプログラムを実行してください。

室内でも簡単に飛ばせますよ!

あなたのドローンは飛びましたか!?

部屋の中でも楽しめるサイズなので、ぜひ子どもたちと簡単なコースを作って飛ばしてみたり工夫して遊んでください。

それでは楽しいドローンライフを!笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずは無料体験会へ


当教室がどのような雰囲気なのか?、お子様に合っているのか?、プログラミングに興味があるのか?などまずは無料体験会へご参加いただきご確認ください。
プログラミング教室への疑問や不安についてもご相談いただけます。