簡単インストールマニュアル Scratch1.4

当教室でも使用してるScratchは、パソコンとインターネット環境さえあればだれでもすぐに始められます。
現在、Scratchはバージョン2.0まで公開されており、ブラウザで利用するオンライン版だけでなく、ネットワーク環境を必要としないオフライン版も用意されてます。

Scratch1.4は軽いアプリケーションなので古くて性能のよくないWindows XPのパソコンでも動作しますので、古いパソコンをお子様用にしてしまうのもよいかもしれません。
ただし、Windows XPはサポートが切れているOSですので、セキュリティの観点からもインターネットには接続せず必ずオフライン環境で使用するようにしてください。

それではオフライン版Scratch1.4のインストール方法を説明します。
環境はOS:Windows10、ブラウザ:Chromeです。

当教室の学習コースではScratch1.4を使用しています。
Scratch1.4で作成したファイルをScratch2.0で開くことは可能ですが、Scratch2.0で編集され保存されたファイルをScratch1.4で開くことはできません。
ご家庭で編集したファイルを当教室で使用したい場合はScratch1.4をインストールしてください。

Scratch1.4のインストール

Scratchの公式サイトに移動し、ページ下部の「オフラインエディタ」をクリックしてScratchのオフライン版ダウンロードページへ移動します。

ページ下部の「Scratch1.4ディスクトップ」をクリックする。

Windows版の「ScratchInstaller1.4.exe」リンクをクリックすると実行ファイルがダウンロードされます。

ScratchInstaller1.4.exeをダブルクリックして実行します。
警告が出た場合は「はい」ボタンをクリックして進んでください。

「Next」ボタンをクリックします。

インストール先の変更もできますがそのままでも問題ないと思います。
「Next」ボタンをクリックします。

「Install」ボタンをクリックします。

「Next」ボタンをクリックします。

「Finish」ボタンをクリックします。

インストールが完了してオフライン版のScrach1.4が起動します。

英語表示となっている場合は日本語表示に切り替えます。
左上の地球儀マークをクリックし、日本語(平仮名表示の場合は「にほんご」)を選択します。

作成したプロジェクトの保存

作成したプロジェクトを保存するには左上の「フロッピーディスク」アイコンをクリックします。(左上の「ファイル」の「保存する」、「名前を付けて保存」からもプロジェクトの保存は可能です。)

保存したいフォルダを選択し、ファイル名を入力して「OK」ボタンをクリックします。

保存したプロジェクトを開く

保存したプロジェクトを開くには左上の「ファイル」の「開く」をクリックします。

プロジェクトを保存したフォルダから開きたいファイルを選択して「OK」ボタンをクリックします。

Scratch1.4のインストールとプロジェクトの保存、開き方についての説明は終わりです。
とても簡単ですので、ぜひインストールして当教室で作成したプロジェクトを使ってご家庭でもプログラミングを楽しんでください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずは無料体験会へ


当教室がどのような雰囲気なのか?、お子様に合っているのか?、プログラミングに興味があるのか?などまずは無料体験会へご参加いただきご確認ください。
プログラミング教室への疑問や不安についてもご相談いただけます。